iPhoneのタッチパネルの進化について

iPhoneのタッチパネルの進化について

iPhoneについて

iPhoneは10周年を迎えています。10周年を迎えたiPhoneはかなり進化をしています。iPhoneが登場するまで私たちはインターネット接続ができる携帯電話を使用しては便利だと感じていました。携帯電話にはキーがあるもので、それが常識であると考えていたのですが、iPhoneが登場してその常識的な考え方は覆されたのです。

更に当時の携帯電話よりもかなりディスプレイが大きく見やすいiPhoneは、画期的なデザインでした。今では大きなディスプレイも当たり前にとらえていますが、10年前には考えられないことだったのです。しかもiPhoneは前面タッチパネルを採用していたので、こんな携帯電話見たこともない、どうやって使えばいいのだろうと多くの日本人が思ったものでした。

アプリも今では普通に使っていますが、当時はアプリを配信する「App Store」も存在をしていませんでした。

ディスプレイのタッチパネルをさっと触るだけで快適に操作ができるのは今ではあたり前のことですが、当時は大きな驚きに包まれました。インターネットを利用するときにもストレスなくサクサクと動かすことができるのも進化のたまものです。

更に今回新しく発売されたiPhoneはさらに進化を遂げてタッチパネルが無くなっているのですから、驚きを隠せません。この10年で大きく様変わりをして進化したことが分かります。

10年前のものはその当時画期的だったものですが、今見ると物足りなさを感じてしまいます。ここでは常識を覆すほどの進化をしているiPhoneの進化や機能の内容を紹介していきます。


▼ 管理人おすすめサイトiPhone関連 ▼
直感的に使えるiPhoneは今ではなくてはならないツールです。壊れてしまった場合は、即日修理が可能なiPhone修理店へ頼みたいと思うでしょう。こちらは即日でiPhone修理をしてくれる店舗の一つです ⇒⇒ iPhone修理 即日