iPhoneのタッチパネルの進化について

iPhoneのタッチパネルの進化について

最強iPhone 7

iPhone 7が登場したときには最強のスマートフォンであると言われていました。ホームボタンはタッチセンサーとなりました。タッチセンサーのために触っているかどうかをきちんと利用者にわからせるために振動によって、押し込んでいると感じ取ることができるようになっています。

本体を持ち上げるだけでホーム画面を表示することもできるようになっているので、すぐに希望するタッチパネルを操作することも可能となりました。

iPhone 7が最強と呼ばれた理由は日本向けの機能を大幅に強化したモデルとなった点にあります。iPhone 7はデザインだけを見るとそれまでの機種と大きく異なるところはありません。耐水・防塵性能を備えたこと、カメラ機能を2つ搭載して一眼レフカメラのような味のある写真を撮ることができるようになったこと、などが注目すべき機能面です。

今期に発売されたばかりの新機種にはホームボタンがなくなっています。ワイヤレス充電にも対応できるようになってかなり進化をしています。10周年記念モデルと名テイル機種なので、最強と呼ばれたiPhone 7以上に素晴らしい機能を備えたものとなっているのです。

スマートフォンの進化はそれほど進まないと言われたこともありましたが、これまでの歴史を見てもiPhoneはまだまだ進化を遂げていくでしょう。